研究会概要

研究会の目的

腎疾患診療に携わる医師、看護師、臨床工学技士、栄養士、医療社会福祉士に、腎疾患診療の新しい知識と技術情報を提供して、神奈川県内の腎疾患診療の質の向上をはかることを目的としています。

 

研究会の歩み

神奈川腎研究会は、昭和49年7月に発足しました。

当初、研究集会・講習会を年4回開催することを目標とし、うち2回を看護師・臨床工学技士対象、2回を医師対象としておりました。

発足時、石川丈之 (伊勢原協同病院)、遠藤忠雄・小柴健 (北里大学病院)、笹岡拓雄 (横須賀共済病院)、柴垣昌功 (川崎市立井田病院)、三村信英 (虎の門共済病院)、森木光司 (国立療養所神奈川病院)が幹事を務めました。

のちに幹事を「世話人」と改称し、随時拡充しながら現在に至ります。昭和57年からは研究会を春と秋の年2回開催としました。

昭和60年 (第30回研究会) からは、秋の研究会を神奈川県透析施設連絡協議会研究会(当時の会長は上田 泰)との合同研究会として開催することとなり、今日に至ります。

 

神奈川腎研究会会則

(名称)
第1条 本会は神奈川腎研究会と称する。

(目的)
第2条 本会は腎疾患医療に関係のある事項について研究あるいは事業を行い、神奈川県における腎疾患医療の発展をはかることを目的とする。

(事業)
第3条 本会は前記の目的を行なうために次の事業を行なう。

  1. 研究教育集会は、年2回、春・秋に行なう。研究教育集会は、世話人会で立案計画し、会長主催のもと、当番世話人が運営に当たる。
  2. 会員相互の情報交換と交流および親睦のための事業。
  3. その他、本会の目的を達成するために必要な事業。

(事務所)
第4条 本会は主たる事務所を 〒213-8587 川崎市高津区梶ヶ谷1-3-1 虎の門病院分腎センター内科に置く。

(会員)
第5条 本会の会員は次の会員で組織する。

  1. 神奈川県内に所在する施設において、腎疾患医療に従事する医師、看護師、栄養士、臨床工学技士、臨床検査技師、臨床放射線技師、医療ソーシャルワーカー、その他の医療スタッフ。
  2. 本会の目的に賛同する賛助会員。

(退会)
第6条 会員の退会は次の場合とする。

  1. 会員から退会の申し出が有った場合。
  2. 会費を3年以上滞納し、督促に応じない場合。

(除名)
第7条 会員が本会の名誉を傷つけ、また本会の目的に違反する行為があった場合は、世話人会もしくは総会で本人の釈明を聴取した上で、世話人会の議決と総会の承認により除名する。

2. 前項の除名に際しては、出席世話人(委任状を含む)の4分の3以上の賛成を要する。
3. 前項の除名に際しては、総会出席者の2分の1以上の賛成を要する。

(賛助会員)
第8条 本会の目的に賛同し、これを支援する団体および個人を賛助会員とすることができる。

2. 賛助会員は、総会ならびに本会の主催する研究教育集会に参加することができる。3. 賛助会員の会費は、年額30,000円とする。

(経費の負担)
第9条 本会の経費は、会費、寄付金、その他をこれに充てる。

2. 本会の会員は年会費2,000円を納める。
3. 本会の目的に賛同する個人、法人から寄付を受ける。

(個人情報の保護)
第10条  会員の個人情報は、本会の目的と事業を行なうために使用し、これ以外には使用しない。

(総会)
第11条 本会は毎年1回の定時総会を開催する。

2. 世話人会が必要と認めた場合には臨時総会を開催する。

(総会の構成)
第12条 総会は、会員をもって構成する。

(総会の機能)
第13条 総会は、以下の事項を行う。

  1. 会則の変更
  2. 事業計画および変更の承認
  3. 事業報告の承認
  4. 決算報告の承認
  5. その他重要な事項

(総会の招集)
第14条 総会は会長が招集する。

(総会の議決)
第15条 総会の議案は、出席会員の過半数をもって決し、可否同数の場合は議長の決するところによる。

(役員)
第16条 本会には、会長1名、会計監事2名、世話人若干名を置く。

2. 会長は、世話人の互選により選ばれる。
3. 会計監事は、世話人の互選により選ばれる。
4. 世話人は会員の中から選出する。但し、同一施設からの世話人は2名までとする。
5. 研究教育集会の開催のために当番世話人を置く。

(役員の職務)
第17条 会長は本会を代表し、その会務を統括する。

2. 会計監事は、本会の会計の任に当たる。
3. 世話人は、本会の事業および研究教育集会の立案を行なう。
4. 当番世話人は世話人から選出され、研究教育集会の開催実務に当たる。

(役員の任期)
第18条 役員の任期は2年とする。但し再任は妨げない。補欠の役員の任期は、前任者の残存期間とする。

(顧問)
第19条 本会に顧問をおくことができる。

2. 顧問への就任、退任は、世話人会の推薦により、総会の承認を受ける。
3. 顧問は、世話人会に出席し助言をするが、世話人会の議決権を持たない。

(世話人会)
第20条 会長は世話人会を年1回以上招集し、その議長を務める。

2.当番世話人または2名以上の世話人から、目的を示して臨時世話人会の開催請求があった場合には、会長は1ヶ月以内に臨時世話人会を招集しなければならない。
3. 世話人会は、世話人の半数以上の出席(委任状を含む)をもって成立する。
4. 世話人会の審議事項は、世話人(委任状を含む)の過半数の賛成により決する。可否同数の場合は会長が決する。

(事務局)
第21条 本会の運営のために事務局を置く。

2. 事務局の事務職員の任免は会長が行なう。

(会計)
第22条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

2. 会計は世話人会および総会の承認を受ける。

(会則の改正)
第23条 本会則は、世話人会の議決を得た上で、総会の承認により変更することができる。

(会則の施行)
本会則は昭和49年7月19日より施行する。

平成14年6月1日一部改訂。

平成17年11月6日改訂施行。

平成20年7月5日事務所の呼称変更。

平成22年4月1日事務所の住居表示変更。

平成26年4月1日事務所の移転に伴う住居表示変更。

付記:褒賞
研究集会の演題発表の中から優秀演題を褒賞する。

 


役員一覧

世話人:26名(会長を含む)、監事:1名、顧問:7名、事務局1名 (各五十音順)

会長
乳原 善文(虎の門病院 腎センター)
監事
鎌田 貢壽(相模大野内科・腎クリニック)
世話人
石井 健夫(横浜第一病院)
石井 保夫(虎の門病院分院 腎センター 外科)
岩崎 滋樹(横浜市立市民病院)
宇田 晋(川崎幸病院 腎臓内科)
大塚 智之(日本医科大学武蔵小杉病院 腎臓内科)
緒方 浩顕(昭和大学横浜市北部病院 内科)
小岩 文彦(昭和大学藤が丘病院 腎臓内科)
小林 修三(湘南鎌倉総合病院 腎免疫血管内科)
坂本 尚登(北里大学医学部 腎臓内科)
柴垣 有吾(聖マリアンナ医科大学 腎臓・高血圧内科)
竹内 康雄(北里大学医学部 腎臓内科)
田中 啓之(横須賀共済病院 腎臓内科)
田村 功一(横浜市立大学医学部 循環器・腎臓病学講座)
田村 禎一(眞仁会 横須賀クリニック)
戸谷 義幸(横浜市立大学付属病院 血液浄化センター部長)
中村 道郎(東海大学医学部 移植外科)
波多野 道康(横浜労災病院 腎臓内科)
平和 伸仁(横浜市立大学付属市民総合医療センター 腎臓・高血圧内科)
深川 雅史(東海大学医学部 腎内分泌代謝内科)
前波 輝彦(あさお会 あさおクリニック)
松井 克之(帝京大学医学部附属溝口病院 第四内科)
丸井 祐二(聖マリアンナ医科大学 腎泌尿器外科学)
山本 裕康(厚木市立病院 腎臓・高血圧内科)
横地 章生(関東労災病院 腎臓内科)
吉田 一成(北里大学医学部 臓器移植・再生医療学)
顧問
石田 尚志(聖マリアンナ医科大学 名誉教授)
川口 良人(東京慈恵会医科大学 客員教授)
斉藤 明(湘南東部総合病院 内科)
酒井 糾(小児腎疾患総合管理研究所)
笹岡 拓雄(眞仁会 横須賀クリニック)
東海林 隆男(三浦シーサイドクリニック 院長)
原 茂子(原プレスセンタークリニック)
事務局
澤 直樹(虎の門病院 腎センター)