第99回神奈川腎研究会のお知らせ

謹啓 会員の皆様にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

さて、第99回神奈川腎研究会を横須賀共済病院 田中啓之先生 世話人のもと下記の要領で開催させて頂きます。

一般演題のテーマは、腎疾患に関するものであれば限定致しません。

医師はもちろん看護師・臨床工学士さらには栄養士・薬剤師などの皆さんにもご案内頂き多くの皆様のご来場をお待ちしております。

謹白


日時:
2020年5月23日(土)午後12時30分(予定)〜
場所:
神奈川県総合医療会館7階ホール
横浜市中区富士見町3-1 TEL:045-241-7000
 - JR関内駅より 徒歩10分
 - 地下鉄伊勢佐木長者町より徒歩3分

特別講演

「遺伝性腎疾患診療の新戦略」
講 師:
東京医科歯科大学 腎臓内科 准教授
蘇原 映誠 先生

一般演題募集

テーマは特に限定しません。口演7分、討論3分とします。
抄録は400字以内で、発表者名にはふりがなと○を付けてください。

プログラム作成の迅速化と誤字を防ぐため、抄録をメール添付書類として下記アドレス宛に送信してください。抄録の作成はWord形式でお願い致します。

*お願い:電子ファイル(メール)送信後、3日以内に受領確認の返信がない場合はメールの不達も考えられますので、事務局へお問い合わせください。

演題締切:2020年3月14日(金)

抄録送付・お問合せ先

〒213-8587 川崎市高津区梶ヶ谷1−3−1
虎の門病院分院腎センター 神奈川腎研究会事務局
メールアドレス:kanajin@toranomon.gr.jp
Tel:044-877-5111(代表)
Fax:044-877-5333

以上


 

2020年1月吉日

神奈川腎研究会会長 乳原 善文

第98回神奈川腎研究会・第35回透析施設連絡協議会合同研究会 終了のお知らせ

2019年11月17日(日)第98回神奈川腎研究会/第35回神奈川県透析施設連絡協議会合同研究会が厚木市立病院 中田 泰之先生世話人のもと盛会のうちに無事終了致しました。

第98回神奈川腎研究会

多数のご参加をいただきありがとうございました。

優秀演題賞は下記の方々でした。

氏 名 所 属 演 題 名
金口 翔 横浜市立大学医学部 糖尿病性腎症患者におけるSGLT2阻害薬のアルブミン尿減少効果に家庭血圧関連指標の改善は重要である
小林 桃子 北里大学医学部 ロボット支援下腹腔鏡下腎部分切除術(RAPN)における術後患側腎機能の検討
久野 真弘 虎の門病院分院 バスキュラーアクセスの蛇行に対する定量的評価

 

次回、第99回神奈川腎研究会は、2020年5月23日(土)に決定しました!!

場所:神奈川県総合医療会館
当番世話人:横須賀共済病院 田中 啓之 先生

一般演題募集、特別講演などの詳細は2020年1月下旬頃に掲載予定 です。


第100回神奈川腎研究会/第36回神奈川県透析施設連絡協議会 合同研究会
→ 2020年11月15日(日)
→当番世話人 横浜市立大学 田村 功一 先生

皆様のご参加をお待ち申し上げます。

第98回神奈川腎研究会 一般演題発表について

  1. 発表用PCはWindowsで、PowerPoint2010/2016がインストールされたものを用意しております。発表データは発表予定セッションの開始30分前までに、データ受付にご提出下さい。受付担当者とPC画面で発表データの確認をしていただきます。データ受付での発表データの修正はできかねますのでご了承ください。
     
  2. 一般演題の講演時間は口演7分・質疑応答3分です。
     
  3.  Windowsで発表データ作成の場合は、USBメモリースティックにてご持参のうえ、データ受付にて動作の確認をお願いいたします。パソコンの持ち込みは不可とします。
     
  4. Macintoshで発表データ作成の場合は、ご自身のMacintoshPCの持ち込みをお願いします。
    →また、その旨をおそくとも1週間前までに神奈川腎研究会事務局(kanajin@toranomon.gr.jp)へメールにてご連絡ください。
     
  5. 音声・動画がある場合は事前に事務局へメールにてお問い合わせください。
     
  6. 発表データの映写枚数は原則として10枚までとしますが、発表時間を厳守していただくという条件で数枚の追加を可能とします。
     
  7.  不測の事態に備えて必ずバックアップデータをお持ちください。
     
  • 神奈川腎研究会の発表者は会員に限られております。研究会当日に受付にて年会費及び研究会参加費の納入をお願い致します。

以上につきましてご質問などございましたら、下記神奈川腎研究会事務局までご連絡いただけますと幸いでございます。

第98回神奈川腎研究会・第35回神奈川県透析施設連絡協議会 合同研究会のお知らせ

謹啓 会員の皆様にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

さて、第98回神奈川腎研究会・第35回神奈川県透析施設連絡協議会 合同研究会を厚木市立病院 中田 泰之先生 世話人のもと下記の要領で開催させて頂きます。

一般演題のテーマは、腎疾患に関するものであれば限定致しません。医師はもちろん看護師・臨床工学士さらには栄養士・薬剤師などの皆さんにもご案内頂き多くの皆様のご来場をお待ちしております。

謹白


日時:
2019年11月17日(日)午後12時30分〜

場所:
神奈川県総合医療会館7階ホール
横浜市中区富士見町3-1 TEL:045-241-7000
– JR関内駅より 徒歩10分
– 地下鉄伊勢佐木長者町より徒歩3分

特別講演テーマ

「慢性腎臓病における低亜鉛血症とは」
講師:
東京慈恵会医科大学 腎臓・高血圧内科 講師 丸山 之雄先生

一般演題募集

<<一般演題募集は締め切りました>>

 

お問合せ先

〒213-8587 川崎市高津区梶ヶ谷1−3−1
虎の門病院分院腎センター 神奈川腎研究会事務局
メールアドレス:kanajin@toranomon.gr.jp
Tel:044-877-5111(代表)
Fax:044-877-5333

以上


2019年9月吉日

神奈川腎研究会会長 乳原 善文

第97回神奈川腎研究会にご寄付いただきました

第97回神奈川腎研究会に下記企業よりご寄付いただきました。 (順不同、敬称略)

あゆみ製薬株式会社

田辺三菱製薬株式会社

アサヒカセイメディカル

東レメディカル株式会社

日機装株式会社

ニプロ株式会社

扶桑薬品工業

アステラス製薬株式会社

武田薬品工業株式会社

第97回 神奈川腎研究会 終了のお知らせ

2019年6月1日(土) 第97回神奈川腎研究会が東海大学医学部 深川 雅史先生世話人のもと盛会のうちに無事終了致しました。

多数のご参加をいただきありがとうございました。

優秀演題賞は下記の方々でした。

 

氏名 所属 演題名
濱野 直人 東海大学医学部 維持透析患者におけるFGF23とNT-proBNPと心血管イベントの関連
田口 慎也 湘南鎌倉総合病院 直腸癌術後に発症したTHSD7A関連膜性腎症の一例
山本 尚平 北里大学大学院 腎移植後早期からの運動療法による身体機能の改善

 

次回、第98回神奈川腎研究会/第35回神奈川県透析施設連絡協議会は 2019年11月17日(日)に決定しました!!

場所:神奈川県総合医療会館
当番世話人:厚木市立病院 中田 泰之 先生

一般演題募集、特別講演などの詳細は2019年6月下旬頃に掲載予定です。

皆様のご参加をお待ち申し上げます。

 

第97回神奈川腎研究会 一般演題演者の先生方へご案内

日時:
2019年6月1日(土)午後12時30分~総会、 午後1時〜研究会
場所:
神奈川県総合医療会館 7階ホール
当番世話人:
東海大学医学部 深川雅史 先生

特別講演テーマ: 「CKD患者のHR-QOL;明日の臨床から使える研究への挑戦」

講 師:福島県立医科大学大学院 医学研究科 臨床疫学分野 特任教授 栗田宜明 先生

 

当日は一般演題発表18演題を予定しております。

【一般演題演者の先生方へご案内】

  1. 発表用PCはWindowsで、PowerPoint2010/2016がインストールされたものを用意しております。発表データは発表予定セッションの開始30分前までに、データ受付にご提出下さい。受付担当者とPC画面で発表データの確認をしていただきます。データ受付での発表データの修正はできかねますのでご了承ください。
  2.  一般演題の講演時間は口演7分・質疑応答3分です。
  3. Windowsで発表データ作成の場合は、USBメモリースティックにてご持参のうえ、データ受付にて動作の確認をお願いいたします。パソコンの持ち込みは不可とします。
  4. Macintoshで発表データ作成の場合は、ご自身のMacintoshPCの持ち込みをお願いします。
    また、その旨をおそくとも1週間前までに神奈川腎研究会事務局へメールにてご連絡ください。
  5. 音声・動画がある場合は事前に事務局へメールにてお問い合わせください。
  6. 発表データの映写枚数は原則として10枚までとしますが、発表時間を厳守していただくという条件で数枚の追加を可能とします。
  7. 不測の事態に備えて必ずバックアップデータをお持ちください。

◎神奈川腎研究会の発表者は会員に限られております。研究会当日に受付にて年会費と研究会参加費の納入をお願い致します。

皆様のご参加をお待ち申し上げます。

お問合せ先

〒213-8587 川崎市高津区梶ヶ谷1−3−1
虎の門病院分院腎センター 神奈川腎研究会事務局
メールアドレス:kanajin@toranomon.gr.jp
Tel:044-877-5111(代表)
Fax:044-877-5333

以上


第97回神奈川腎研究会 開催について

日時:2019年6月1日(土)午後12時30分~

場所:神奈川県総合医療会館7Fホール

当番世話人:東海大学医学部 深川雅史 先生

*一般演題は締め切りました。 一般演題:18演題を予定しております。

特別講演

「CKD患者のHR-QOL:明日の臨床から使える研究への挑戦」
福島県立医科大学大学院 医学研究科 臨床疫学分野 特任教授 栗田宜明 先生

皆様のご参加をお待ち申し上げます。

年会費・参加費改定のお知らせ

2019年1月吉日

神奈川腎研究会
会員各位

神奈川腎研究会
会長 乳原 善文

年会費・参加費改定のお知らせ

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素より本研究会の活動にご理解とご協力を賜り感謝申し上げます。

ご承知の通り本研究会は、腎疾患診察に携わる医師、看護師、臨床工学技士、栄養士、医療社会福祉士と腎疾患診療の新しい知識と技術情報を共有し、県内の腎疾患診療の質の向上をはかることを目的として、1974年7月に発足総会(第1回研究会)が開催され、第97回を開催するまでになりました。

設立当初の「できるだけメーカーに頼らず自分達でやろう」という精神を遵守し、本会の研究会の運営は年会費収入と参加費収入で行い、足りない資金を企業よりの寄付金でまかない、2002年から17年間会費を値上げせず据え置いたまま運営を行ってまいりました。しかしながら昨今の社会情勢の変化による支出増要因・収入減要因等により安定した収支決算を見込めない状況となってきております。

今年度より新たに施設会費を設定し、第96回の会より企業よりの広告掲載料や企業との共催セミナーを行うことにより経営状況が改善しつつありますが、本研究会の安定した財政基盤の確立が課題であり、2019年度より下記のごとく止むを得ず値上げを踏み切らせていただく次第です。

本会員の皆様には負担増とはなりますが、今回の年会費・参加費値上げにご理解をいただくとともに、引き続きご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

敬具

■神奈川腎研究会2019年度以降の年会費・参加費の改定■

会員種別

年会費

参加費

(旧)

(新)

(旧)

(新)

医師

2,000

5,000

500

2,000

研修医

2,000

2,000

500

1,000

パラメディカル

2,000

2,000

500

1,000

企業関係者

0

5,000

500

2,000

施設会員

30,000

施設会員所属のパラメディカル

0

500

1,000